黒髪の彼女を追って「夜は短し歩けよ乙女」
未分類 / 2017年1月5日

本作は、映画化もされた森見登美彦先生の小説です。主人公の「私」は大学生。 意中の「黒髪の乙女」と、なんとか親密になろうとしますが、いつも努力の方向がおかしくて、空回ってばかり。 春の木屋町で、夏の古本市で、秋の学園祭で、冬の京都の街で。 彼女を必死に追いかけても、天然な彼女は「先輩、奇遇ですね!」と笑ってばかり。素直で優しく好奇心旺盛で、ついでに酒豪な彼女は、いつも目の前の面白いことに夢中。 知り合いの借金をかけて飲み比べをしたり、ゲリラ演劇の主役に抜擢されたり。主人公は、そんな彼女の後ろ姿を眩しく見つめ... Read More