姫野カオルコ「ツ、イ、ラ、ク」の魅力

この物語は、地方の小さな町で暮らす、主人公・森本準子の小学生時代から始まり、彼女の成長・恋愛・人生すべてが描かれた長編小説です。 「主人公である中学生・準子と教師の恋愛」が中心の物語で、もちろんそこに重点が置かれていますが、私は、それを取り巻く周りの人々の群像劇もポイントになっている作品だと思います。 長編小説というのは、読み始めることを躊躇ってしまいがちですが、この作品は読後に必ず「読んでよかった。また読みたい。」と感じる作品です。 私はこの作品の魅力として、主人公・準子と周りの人々の成長がリアルに描か... Read More