”黒い家” 著:貴志祐介

今回は貴志祐介さん著の”黒い家”という本について紹介したいと思います。 この本はホラー小説になるのですが、突然驚かしてくるタイプのホラー小説ではなく、読み進めるたびに背筋がゾクゾクするような、とてもリアリティのある作品となっています。 この本における主人公は保険会社の社員なのですが、貴志祐介さん自身も小説家になられる以前は保険会社の社員として勤務されていたのでその内情も驚くほど鮮明に描かれていますので、その点を読むだけでもこの本を読んでみてよかった思える点ではないかと思います。 またホラーの部分に関してな... Read More