ロングセラー「人を動かす」

言わずと知れたロングセラー、「人を動かす」。

80年前に作家・教示であるデール・カーネギーによって書かれた元祖自己啓発本です。

私が営業の新人だった頃、会社の上司に薦められたことがきっかけで、この本を手に取りました。

当時は反発心から飛ばし読みでしたが、数年後再読してみると、確かに薦められるだけあるなと思いました。

内容は自己啓発本にありがちな、「どうやって相手を扱うか」「どうマネジメントするか」というものなのですが、

最終的にはやはり「相手のことも自分のことも大切にし、誠実に行動する」ということに集約されます。

ほとんどが事例による説明で、リンカーンの話などリーダーシップを発揮してきた人達とその周囲の人々がどのように振る舞ったのか、と言うことが具体的に書かれており、純粋に読み物としても楽しめます。

実際に、プライベートまでこの本が言うように行動すると疲れそうだとは思いましたが、仕事には役立つと思います。

姉妹本として「道は開ける」というものもありますが、個人的には「人を動かす」の方が圧倒的に面白いので、先にこちらを読むことをお薦めします。

新しくマネージャーになるかたや、人と接する営業やサービス関連の仕事に従事しているかたには一読の価値ありです。