the!青春!僕等がいた

かつて、中高生で大人気となった[僕等がいた]をご存知でしょうか?

この、[僕等がいた]は、北海道を舞台とした、高校生の恋愛漫画です。

しかし、長編なので主人公達が大人になるまで描かれています。なので、大人でも楽しめる漫画といえるでしょう。

主人公は、のほほんとしているが、考えはしっかりと持っていて何か一つ一つの言葉に強い力を持っている七美。そして、クラスで人気者の矢野。そんな2人目の酸っぱくて甘い、青春から大人までのストーリーです。

※ネタバレ入りますのでご注意を!

七海と矢野は、高校で出会います。人気者の矢野に想いを寄せる女の子は大勢いるなか、七美もしだいに惹かれていきます。

そんな中、矢野の親友である竹内君も七美のことが好きになります。

そんな、友達との争いもありつつも七美と矢野は無事に付き合えるようになります。

しかし、矢野には暗い過去があったのです。

それは、付き合っていた年上の彼女が居たこと。そしてその彼女が元カレと車で出掛けて事故死したこと。そこにとどめが、その彼女の妹と身体の関係を持ったこと。

そんな矢野を、七美には受け止めてあげることができませんでした。

しかし、矢野をどうにか受け止めたい、と七美は矢野に手を差しのべます。

2人の気持ちが再確認できたところで、2人はいつものようなラブラブな毎日に戻ります。

しかし、急な矢野の転校。そんな困難を乗り越えていくが・・・!?

と、大学から社会人まで描かれています。

この漫画は、出てくるキャラクターそれぞれが本当にいい言葉を残しているんです。

心に響く言葉がとても多いので、ただの青春漫画ではなく、本当に深いところまで書かれています。

恋愛で悩んでいる方、しんみりしたい方、青春の気持ちをまた思い出したい方、などなど様々な人に自信を持っておすすめすることができる漫画だと思います。