湊かなえ著「未来」

湊かなえさんの書くミステリー小説が好きで数年間ハマっています。

同じミステリー作品でも小説によって風味が全然違うので結末が楽しみなのです。

この「未来」は「告白」に次ぐ大作だというので読むのを楽しみにしていました。

時系列がアチコチに飛ぶので読んでいる間は、謎解きは到底無理な作品でした。

最後の最後に「あーこうきたか!」「やられた!」と思わず声に出してしまうほどです。もう一度一気読みしないと、どこで主人公が交差しているのかわからないようになっていました。

人間の残酷さと冷酷さが鮮明に描かれていて、人の描写が絶妙です。

冒頭の話が結末に辿り着くまでのストーリーは辛いものでもあり、温かいものでもあり複雑な感情を抱いてしまいます。

その辛い状況を救ってくれたのは誰かがついた「小さな嘘」の栞ひとつ。

400ページ超えの分厚い一冊という大作ですが、少しづつ読み進めるより一気に読む事をおすすめしたいです。

私は、少しづつ読み進めてしまったので余計に時系列の感覚がおかしくなってしまったので。

最後の最後に是非驚いて欲しい作品でもあります。

作中の人物全てに愛情深く接したくなるくらい素晴らしい人々ばかりなんです。

悲しいけれど、愛おしい作品、希望がある、「未来」は誰にでも平等に来るという素晴らしい作品です。