研究者の笑える話と研究の実際「バッタを倒しにアフリカへ」

幼少期にバッタを捕まえたことがのあるはたくさんいるかもしれない。
この本はそんなバッタに魅了された”バッタアレルギー”のバッタ学者の記録。バッタアレルギーのバッタ学者と聞いただけでもわくわくしてきます。著者は大学院を卒業したものの期限付きの募集しかない日本。
バッタを研究しているのに、野外には出ず研究室での実験ばかり。
本当にこれでいいのだろうかと疑問に思った著者は思い切ってアフリカへ旅立った!著者は現地で揉みにもまれる。
著者が何も知らないことをいいことに法外な値段で雇用するよう要求する現地の人々……。
なかなか仲良くなれない研究仲間たち。気候の違い。出会えないバッタたち。
それでも研究所の所長に支えられながら研究を続け、野外での生の体験から多くの論文を執筆していく。
この本は研究者の生活を面白可笑しく、かつ現実的に知ることのできる本です。一度読みだすと止まることはできません。
著者の体験、環境の変化、そして著者自身が感じているバッタへの愛情と喜びに引き込まれていきます。
バッタの大軍を前にして表紙にもなっているバッタスーツで仁王立ちする場面は笑いを誘うが、一方でずっとそうしたかった筆者の気持ちや夢がかなった喜びが伝わってくるようです。
我々の生活から遠く感じるアフリカ、そして研究者の話であるが中高生や大学生はもちろん。
主婦やビジネスマンたちが読んでも楽しめる内容だと思います。是非一読してみてください。