露出計超ハイパワーギャグ 剥き出しの白鳥

名門校に通う男子高校生、白鳥君。容姿はとても格好良く、女性ファンも多いが常に品行方正で成績も優秀、おまけに父親も外交官と、あらゆる面で隙がない優等生である彼だが、実は「露出」が趣味という困った一面がありました。
それも無数の生徒がおり皆に顔を知られている校内でやるからこそ「生きている」ことを実感できるというかなり困ったタイプで、週に五回も実際に全裸になっているだけに、毎回のようにピンチが訪れます。

しかし運動神経抜群でもある白鳥は、あらゆる動きと策を講じて危機を突破していくのです。
生徒会で問題になったり学校中に監視カメラが張り巡らされたりしている時点で、無事に済んでいるとも到底思えないのですが、しかし白鳥は止まらず露出を繰り返していきます。
白鳥少年の超リアクションが連発して、読者を力ずくで笑いのフィールドにねじ込んでくる感覚は、まさしく独特にしてハイパワー。
物語が進んでいくにつれて父親との思わぬ因縁や、未知の強敵たちとの露出勝負など、意外にも熱く(しかしハタ迷惑な)展開も待っていたりするので、一切飽きることはなく、先の展開がどんどん楽しみになってくる意欲作でもあります。
案外主人公の白鳥がチャレンジャーかつうかつな性質でもあるので、本当に突然ピンチに陥り、まったく目が離せないです。

ギャグ漫画に慣れてしまい新鮮な気持ちを見失っている方や、後々語り継がれる作品を欲しているような方など、ヘビーな漫画ファンにもオススメできる一作です。